CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
建設業界一級建築士に会う
0

    皆さん、おはようございます。

    キャリアコンサルタントのミッキーです♪

    今回は、昨日の『憧れのプロの仕事に会ってみない?』成人男性のコーディネートのレポートです。

     



    今回、建設業界や一級建築士取得にご興味があり、この先のご自身のキャリアの繋ぎ方でご相談に来られた成人男性の『憧れの仕事のプロに会ってみない?』のコーディネート先は、小野建設株式会社に勤務されておられます、建築部積算課の大塚課長様にお願いいたしました。

    大塚様は、建設業界に入り40年のキャリアを持つ女性。

    今では、会社の『縁の下の力持ち』といった存在。

     

    建設業界って?

    建築士の資格って?をはじめ、ご自身のこれまでの道程を含め大塚様から様々なお話を聴かせていただきました。

     

     

    大塚様がこの世界に入ったいきさつや、想いなどをお話して下さり、その中で、こちらから、大塚様にとって『設計とは?』とお聴きしてみました。大塚様からは『自分が書いた一本の線が形になる仕事』と応えていただきました。

    一本が二本になり、二本が三本になり、そしてその描いたものが立体的になっていくことに大変興味が湧き、惹かれていったとのことでした。

     

    大塚様は、20歳で建設業界に入職。当時の建設業界は男性社会・積算という仕事・建設業界を考えた時、もっと広い範囲で建設という世界で捉え、ご自身が見ることができるようにするために、一級建築士の勉強されたそうです。常に前向きで、向上心のある大塚様の姿勢がここにしっかりと現れていらっしゃいますね。

     

    大学等で建築関係を学んでない方が資格を習得するには、二級建築士取得は、実務経験5年。

    一級建築士取得は、そこから更に7年、スタートしてから、スムーズに行っても12年の道程。

    また、最近の一級建築士の試験は、環境などに配慮した問題が複雑化し、難易度が更に高くなっているとの情報も教えていただきました。

     

    現在の建設業界については、様々な建設会社が『独自のカラー』で展開されているとのことや大手と地方のゼネコンの違いなどお話ししてくださり、この世界では、『常にアンテナを張り、全体を見渡せる力』と『人との繋がりを大切にする』ことが大切と教えていただきました。

     

    私の方から1つ質問で、大塚さんがこれまでを振り返ってみてどう感じていらっしゃるかお尋ねしたところ、毎日毎日が勉強の連続で、分からないことがあれば調べて、指はペンだこで疼いて大変でしたが、建物を造る喜びを大切にし、やり続けてきたこの40年間だったと仰られました。このような姿勢も、ご依頼の成人男性の方に強く印象に残ったことと思われます。これからの仕事を考えていくに当たり、改めて、建設業界を違った視点で垣間見ることができた時間となり、これからの職業選択の大きな判断材料にもなられたようでした。

     

    最後に、小野建設株式会社大塚様、この度は、ご多忙中の折、大変貴重なお話を有難うございました。

    建設業界はもとより、社会人として求められる力・スキル等含め教えていただきまして、大変勉強になりました。

    この場をお借りしてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 仕事のプロに会ってみない? | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「テレビ局のアナウンサー」に会う
    0

      こんにちは。fきゃるスタッフのパラリンです(^-^)/

       夏休み企画「仕事のプロに会ってみない?」

       高校生のコーディネートのレポートです。

       

      8月16日(水)、静岡朝日テレビに行ってまいりました。

      そして、ナント‼

      番組名「静岡のチカラ」の2本のナレーションどりの現場に

      入らせていただきました。

       

      CSR推進部の中川さんと安池さんにお連れいただいた先は、

      ナレーションどりを行う静岡朝日テレビ近くの制作会社。

       

      ナレーション担当は、赤間優美子アナウンサー手

       heart「とびっきり静岡」県内ニュース担当(月〜金の夕方6時15分から放送)heart

       

       原稿チェック、  

                                            そして... 担当者、ディレクターと諸々の確認...

                        読み方に関する注文も...

        1本目の録音どりニコ 先ず画像を見ながら話し方の速さ等のチェック

        → ディレクターの指示に従ってナレーションをすすめる

        →アナウンサーは一人アナウンス室に移動

        → 音調整後、映像を流しながらスタート 

        

       映像を見ながらチェック...尺の具合を見て...コメント(原稿)の検討...再録音...

       そして、2本目...ニコニコ

       

           ナレーションどりに見入る高校生

       

      憧れの仕事のプロの方々が実際に働いている現場を目の当たりに

      することの凄さ、そして有難さを実感しました。

       

      ナレーションどり見学の後は、直接インタビューマイク

          

      *アナウンサーになろうとしたきっかけ*アナウンサーになる為に

      努力したこと*アナウンサースクールについて........等々、

      高校生のHさん、色々な質問を赤間アナウンサーに問いかけ、

      熱心に聞き入り、メモされていました。

      Hさんの質問に一つ一つ丁寧に答えて下さった赤間アナウンサー。

      「原稿読みは実際にアナウンサーになってから練習して上手くなってい

      く。大切なのは、自分が何故アナウンサーになりたいのか、

      アナウンサーになって何をしたいのか、自分自身をちゃんと知ること。

      自分がどうしたいか、自分の意見を明確にしておくことが大事。

      その為にも興味があることを突き詰めて成果が出るまでやったり、

      色んな経験をするといい。

      アナウンサーは経験・知識が咄嗟に問われる仕事。」

      .......ご自分の体験を交えて、そんな風に語られた言葉が印象的でした。

       

      赤間優美子アナウンサー、本当にありがとうございました。

             

         柔和な笑顔、明快な語り口調...素敵デスサキ

       

      高校生のHさん、「今日は本当に良い機会をいただけた。

      アナウンサーという仕事のテレビで見る表の面しか知らなかったけれど

      様々な仕事内容も垣間見れた。勉強も勿論するけど、色んな経験をして

      いきたいと思った。」と、キラキラした笑顔でそう言っていました。

      その笑顔が眩しく、Hさんの2年後、5年後、そして10年後がとても

      楽しみだと思ったものです。

       

      今回もご協力くださった静岡朝日テレビCSR推進部の

      中川さん、安池さん、制作スタッフの皆さん、

      本当にありがとうございました(^-^)/HAPPY

       

       

       

       

       

      | 仕事のプロに会ってみない? | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「グラフィックデザイナー」に会う
      0

        こんにちは 

        スタッフのなっかです。

        まだまだ暑いですね。

         

        「仕事のプロに会ってみない?」

        高校生のコーディネートのレポートです。

         

        先週の18日、富士市大渕の

        メモラーブルさんへ伺わせて頂きました。

         

         

         

         

        代表の小笠原清実さん(左)とデザイナーの松永克弘さん(右)が

        お話してくださいました。

         

        実際にお仕事をされているプロの方のお話は

        心に響く言葉ばかりです。

         

        仕事のやりがいや魅力など

        仕事を依頼されてからの流れを通して

        分かりやすく説明してくださいました。

         

        デザインの可能性や

        デザインがみんなの役に立つこと

         

        何かを追求していく大切さ 

        仕事への真摯な姿勢や情熱を学ばせて頂きました。

         

         

         

        貴重なお時間をありがとうございました。

         

        HPを拝見させていただくと

        身近にいつも見ていたデザインが

        あれもこれも→メモラーブルさんだったのね〜と感激したスタッフでした。

         

         

         

         

         

         

         

        | 仕事のプロに会ってみない? | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「システムアナリスト」に会う
        0

           

          こんにちは。スタッフのキャピコです。

          「仕事のプロに会ってみない?」のレポートです。

           

          8月7日(月)、高校生と一緒に「システムアナリスト」

          訪問しました。

           

          静岡市の有限会社アイ・リンク・コンサルタント加藤忠宏さん
          快くお引き受け下さいました。

           

          高校生の事前質問から当日まで大変きめ細かく対応してくださいました。

           

          私は「システムアナリスト」という職業をこれまで知らなかったのですが、

          やはりインターネットで調べるものと実際の話とは醍醐味が違います。

          システムアナリストは、多分野の知識が必要で、さらに想像力、説得力など

          駆使する能力も多岐にわたることに驚きました。

          一生学び続け新しいものを作り出す大変な仕事、

          そしてそれ以上に魅力が大きい仕事だと思いました。

           

          私は午前で失礼しましたが、高校生は午後のコンサルタントの現場にも

          連れて行っていただきました。

          高校生の熱意も嬉しかったです。

          そして、密度の濃い訪問内容を提案してくださった加藤さんに

          心から感謝しています。

           

          加藤さんのお話から、今の勉強も、これから学ぶことも

          全て役立つとわかったので、きっと日々の勉強へのモチベーションも

          上がりますね。

          子ども達は常日頃、学ぶことは大切だと大人から言われているかもしれません。

          でも、加藤さんは具体的な例をたくさんお話してくださいました。その説得力は

          各段に違います。

          将来に向けて意欲を高めた高校生さんの表情が美しくまぶしかったです。

           

          加藤さん、ありがとうございました。

           

           

           

           

           

           

           

          | 仕事のプロに会ってみない? | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「刀匠」に会う
          0

             

            こんにちは。スタッフのキャピコです。

            夏休み、職業訪問「仕事のプロに会ってみない?」

            高校生のコーディネートが目白押しです。

             

            8月5日(土)、高校生と一緒に「刀匠」を訪問し

            インタビューおよび鍛錬所の見学をさせていただきました。

             

            富士日本刀鍛錬所内田義基さんです。

            刀匠を目指す高校生の質問に丁寧に応えてくださいました。

             

            鍛錬所での工程を丁寧に解説してくださいました。

             

            刀匠に直接お会いできる機会は、とても貴重でした。

            内田さんの紆余曲折の道のり、多様な経験、刀匠の仕事の

            実際をたくさん話してくださいました。

            その生き方からは学ぶことばかりです。

             

            高校生さんは事前の職業調べからインタビュー内容までしっかり準備をしていて、

            その姿から熱意が伝わってきました。

            今回の職業訪問を通して、これからの進む道を決めることができそうです。

             

            やはり実際に携わっている方のお話は説得力があります。

            刀匠内田さんのあたたかさに心を動かされました。

            また高校生さんが自身の将来に向けて一生懸命考える姿にたのもしさを感じました。

             

            あこがれの仕事のプロに会うことの意味は大きいです。

            とても有意義な時間になりました。

             

            内田さん、ありがとうございました。

            高校生さん、必ず志を遂げられることを信じています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 仕事のプロに会ってみない? | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「システムエンジニア」に会う
            0

              いつもお世話になります。

              fきゃる スタッフのなっかです。

               

              8月になりました、夏休み本番ですね!

               

              先日、富士高校パネルディスカッション式 職業講話の後に

              高校1年生よりご依頼があった

              「仕事のプロに会ってみない?」にて

              システムエンジニアの田中浩様にお話を伺わせて頂きました。

               

               

               


               

               

               

              システムエンジニアとはから

              具体的なお仕事内容

              システムエンジニアになるための

              今出来ること→大学選択→就職先についてなど

              今、活躍されている田中さんの言葉は

              本当に具体的で、分かりやすく何をするべきかが明確になります。

               

              それに「ラズベリーパイ」なるもの、初めて見せて頂きました。

              イギリスの小学生用に開発されたシンプルボードコンピューターとのこと


               

               

              さらにAIのことまでも話は広がっていきます。

              田中さんがお仕事をされて30年 

              その間に様々に変化があり、

              これからは10年よりももっと短く

              5年先にはどんな変化が訪れているのか?

              ・・・・

              もう、あっという間に東京オリンピックですものね。

               

              キャリア教育に関わる中で

              AIの普及により仕事がなくなる・・・という

              今後どうしたものか?という話題が多い中

              AIの分野はこれから益々関わる人達が必要な分野なのだ知りました。

              希望に満ちたお話★★

              高校生だけでなく、fきゃるスタッフまでも

              魅了するシステムのお話を伺うことが出来ました。

               

              協力してくださった

              衂抻猟魅咫次Ε┘后Ε掘次

              システムエンジニアの田中浩様

              本当にありがとうございました。

               

              fきゃるでは、職業訪問インタビューをコーディネートしています。

              職業について知るためにお役立て下さい。

               

              お問い合わせは fきゃるまで 0545−32−6958

               

               

               

               

              | 仕事のプロに会ってみない? | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「介護施設職員」に会う
              0

                こんにちは。

                fきゃるスタッフのパラリンです(^^)/

                 

                うだるような暑さが続いていますね。

                日が暮れかかったころの風鈴の音に、わずかに涼を感じます風鈴

                 

                さて、先日「憧れの仕事のプロに会ってみない?」で富士市内の

                介護事業所へ行ってまいりました。

                 

                NPO法人ファインケアさんの介護事業所

                富士南グループホームと小規模多機能『孝行家』

                    

                     2ヵ月前にも訪問を受け入れてくださいました。

                      本当に、有難いことです感謝

                 

                fきゃるに就職相談にいらしたCさんに同行させていただきました。

                Cさんは、介護士の資格を取得したものの、自分に合わないのでは

                と不安が大きくなり、自分ができるかどうか実際の仕事内容を

                知りたいとのこと。そこで、職場見学をさせていただき、現場で

                働く方のお話を直接伺ってみようと、今回の訪問に至りました。

                 

                業務主任の岩瀬祐貴さんが施設内を案内してくれ、その後色々な質問

                に明るく丁寧に答えて下さいました。

                岩瀬さんの柔和な笑顔に安心感をもらえます♪♪

                総務部課長の遠藤礼朗さんと岩瀬さん

                                                                    アットホームないい感じ手

                 

                お二人を目の前にして、思わず「お若いですね。」と声を発した私に、

                「はい、若いです!」と、爽やかに応えてくださったお二人。

                何とも心地好い感覚でした。

                 

                施設見学の最中に垣間見た岩瀬さんの利用者さんへのさりげない優しさ。

                とても居心地の良い温もり感を、あちらこちらに感じました。

                 

                ファインケアさんでは、介護経験がない方でも溶け込みやすい雰囲気を

                心がけて、職員各々の個性で上手くケアができないものかと取り組んで

                いるとのこと。分け隔てなく会話しやすい、アットホームな働きやすい

                場でありたいと話されていました。

                 

                おてんき施設を後にした時の、Cさんの清々しい表情が印象的でした。

                 

                実際に働く現場に行き、働いている方々の職場での様子を垣間見たり

                働いている方々と直接に接したり、話したりすることは

                今後について考える上で、とても良い機会になると思います。

                 

                私自身、「憧れの仕事のプロに会ってみない?」の良さを改めて

                思ったものです。

                みなさんも、ご自分のこと、今後の仕事や働き方などについて考える

                ときには、活用されてみてはいかがでしょうか?

                私たちは、喜んでサポートしていきます(^0^)/

                 

                今回もご協力くださったNPO法人ファインケアさま、

                遠藤さん、岩瀬さん、本当にありがとうございましたお礼

                 

                 

                 

                | 仕事のプロに会ってみない? | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「介護施設職員」に会う
                0

                   

                  こんにちは。

                  あやっぺkyuです〜

                  今日はしとしと雨ですが、たまにはこんなお天気もいいですね。

                  もうすぐ私の好きな紫陽花紫陽花の季節です♪

                   

                   

                  さて、昨日は「憧れの仕事のプロに会ってみない?」

                  富士市内の介護事業所へ。

                   

                  fきゃるに就職相談にいらしているBさんに同行させていただきました。

                  相談の中で、介護職の経験はあるものの、今後の働き方や職種を考えて改めて福祉の仕事について考え、職場見学や現場で働く方のお話を伺ってみようということになり、今回の訪問に至りました。

                   

                  今回訪問させていただいたのは、

                  富士市のNPO法人ファインケアさんの介護事業所

                  富士南グループホームと小規模多機能『孝行家』

                   

                   

                  今回対応してくださった業務主任の岩瀬さん。

                  笑顔がとても素敵な男性職員さんですき

                   

                  岩瀬さんは、異業種から福祉業界への転職をされたとのことエクステンション

                  「未経験の自分にも働きやすい職場だった」そうで、

                  資格がない、経験がない人でも働きやすい会社だそうです四葉のクローバー

                  入社して5年、とてもお若いですが施設管理の仕事も兼務しているそうです。

                   

                  管理部次長の熊王さんと岩瀬さんから、施設の様子や特色などもお聞きし、会社の方針で社会貢献や地域を大事にしていて、障がい者雇用にも力を注いでいるというお話しもありました。

                  Bさんが働くうえで気になっている、仕事内容はもちろん

                  職場内の教育や研修制度、職場の雰囲気などにもお答えいただき、抱いている不安が解消されたようでしたニコッ

                   

                   

                  私が一番印象に残っているのは

                  お二人の「やっぱり人間関係だよね」というお言葉。

                  働くときにみなさん心配になる部分ですよね顔

                   

                  ファインケアさんの場合、

                  「職員間でお話しする機会がとても多く、職種は違っても近い場所にいるのでなんでも話し合える、相談しやすい関係性ができているのでとても働きやすい」

                  とおっしゃっていましたが、お二人の話す姿を拝見し、施設での様子がそのまま見えてくるようでしたニコッ

                   

                  職員の皆さんがとてもあたたかい雰囲気をもっていらっしゃっていたのがとても居心地良く、きっと利用者さんにとってもそうだんだろうな〜なんて思いましたheart

                   

                   

                  クローバー花

                  毎回会社さんに訪問して感じたることは、

                  会社案内や求人票だけでは分からなことがたくさんあるということ。

                   

                  実際に働く現場を見せていただいたり、働いている方々に接することでもらえる刺激はとても大きく、今後について考える上でとてもいい機会になると思います。

                  みなさんも、今後の仕事や働き方を考えるときには

                  ぜび「憧れの仕事のプロに会ってみない?」を活用してみてくださいね苺

                   

                   

                  今回ご協力いただいたNPO法人ファインケアさま 熊王さん、岩瀬さん

                  貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございましたエクステンション

                   

                   

                  | 仕事のプロに会ってみない? | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「パティシエ」に会う
                  0

                     

                    こんにちは。スタッフのキャピコです。

                    富士市は春色一色!というより今日はもう初夏ですね。

                     

                    先日、「あこがれの仕事のプロに会ってみない?」の企画で

                    若者の皆さんがパティシエさんを訪問しました。

                    私も同行させていただきました。

                     

                    協力してくださったのは、富士市青葉町の

                    「パティスリーカフェ デ・ボア」さんです。

                     

                     

                    オーナーシェフの大村章さんに、パティシエを目指したいきさつや

                    パティシエとしてのこだわり、毎日の仕事内容などをとても詳しく

                    お話していただきました。

                    ここだけの感動的なエピソードも話してくださり、若者の皆さんの

                    心に響いたことでしょう。

                    働く姿勢についても学ぶことができました。

                     

                    大村さん、貴重なお話をありがとうございました。

                     

                    fきゃるでは職業訪問インタビューをコーディネートしています。

                    職業の実際を知るためにお役立て下さい。

                     

                    詳細はこちら→ 「あこがれの仕事のプロに会ってみない?」

                     

                    お問合せはfきゃるまで 0545-32-6958

                     

                     

                     

                    | 仕事のプロに会ってみない? | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「認定こども園」に行く
                    0

                       

                       こんにちは。fきゃるスタッフのパラリンです(^-^)/

                       

                       「仕事のプロに会ってみない?」のレポートです。

                       保育学部に通っていらっしゃる大学2年生のMさんからの

                       ご依頼で、同行させていただきました。

                       

                       ご協力下さった園は、

                       社会福祉法人 富士育英福祉会「すみれ認定こども園」

                        〜幼稚園と保育所の2つの機能を持った

                           県内初の認定こども園(保育所型)です〜

                        

                       

                       園長の後藤恭祐先生が、Mさんの様々な質問に

                       分かりやすく具体的に、丁寧に答えて下さいました。

                       質問内容によっては、保育教諭の方を呼んで下さり

                       現場の生の声も伺うことができました。

                       

                       Mさんが質問をされている様子に、

                       今勉強していることや取得する資格を活かして

                       現場に立ちたいと思っている真摯な姿勢を感じました。

                       

                       園長先生から発せられる言葉一つ一つに、

                       人間形成の基礎を築く時期(乳幼児期)を担っている

                       重要性と素晴らしさを思いました。

                       

                       インタビューが進む中、期待と不安が入り混じっている

                       Mさんに園長先生が投げかけて下さった言葉.....

                       

                       「失敗を一度もしたことがない人はありえない。

                        大事なのは、失敗したら自分でどのように対処し

                        活かせるか。」

                       「失敗を恐れずに、たくさん失敗することが

                        1年目は大事。」

                       

                       Mさんは、安心感と共に保育教諭になりたいという思い

                       が、ますます強くなったようです。

                       自分の苦手な部分をどうかして、こども達にちゃんと

                       見られる動きにするための努力をしていきたいと

                       おっしゃっていました。

                       

                       Mさんのきらきらした表情に、心が躍りました。

                       これから歩みを進めていくMさんに、エールを送ります。

                       

                       「興味がある仕事の現場に行って、

                        その仕事に従事している人に直接会ってみたい」

                       そんな風に思った時は、

                       fきゃるの「憧れの仕事のプロに会ってみない?」を

                       是非、ご活用下さい。

                       私たちは、喜んでサポートしていきます(^0^)/

                       

                       後藤恭祐園長先生、すみれ認定こども園の皆さま、

                       ご協力下さり、本当にありがとうございました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 仕事のプロに会ってみない? | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      | 1/3PAGES | >>