CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
キャリアデザイン
0

    こんにちは。

    お久しぶりです(^-^; プリンスです。

     

    新型肺炎も怖いですが、今年は早々花粉に反応しております。

    市場にはやくマスクが戻ることを祈ります。

     

    先日、新聞に内閣府の調査結果に関する記事がありました。

     

    「結婚、妊娠、子育てに温かい社会の実現に向かっていると考えるか」

    という問いに答えた人(20~50代の男女)の割合が、

    そう思う 2.3%

    どちらかといえばそう思う 27.4%

    どちらかといえばそう思わない 44.1%

    そう思わない 26.2%

    というものでした。

     

    施策が色々と考えられていますが、実際にはそう思えない人の割合が

    70%以上になっています。

    そうなると、やはり自分自身で色々と考えていかなければなりません。

    実際、結婚・妊娠・子育てに大きく影響されるのは女性だと思います。

    それを踏まえて働くということと向き合っていかなくてはいけません。

     

    そこで必要になってくるのがキャリアデザインです。

    キャリアデザインとは自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計

    することです。さまざまな経験や状況を考慮しながら組み立てていく

    のですが、中々ひとりで整理するのは難しい。

     

    fきゃるではカウンセリングと通してキャリアデザインを描くお手伝いを

    しています。その方の状況や考え方に寄り添いながら進めていきますので

    お気軽にご相談ください。

     

    キャリアカウンセリングというものがまだまだ知られていませんが、

    働き方も、職業もめまぐるしく変わっていく今日において、たくさんの

    方が利用し、充実したお仕事ライフを送れるようになったらいいなと

    思います。

     

    ご予約・お問い合わせはこちらまで

    富士市キャリアデザイン支援室 fきゃる

     ☎0545−32−6958

     

     

     

     

     

    | 女性 | 14:09 | comments(0) | - | - | - |
    アサーティブ・コミュニケーション体験講座    大好評でした〜
    0

       

      こんにちは〜プリンスです。

      さすがに半袖では寒くなってきましたね。

       

      さて、10/5(土)フィランセ西館会議室で開催した

      女性のためのキャリアデザイン講座

      アサーティブ・コミュニケーション体験講座

      〜自分を軸にした生き方をスタートしよう〜

       

       

      当日はお天気にも恵まれ、気持ちよくスタートしました。

      定員30名でしたが、早々に定員をこえる数のお申込みが…。

      講師の先生と相談し、少し席を多くしていただいたので、

      会場いっぱいとなりました。

       

       

      今回は ”体験講座” ということで、お隣の方との

      ワークの時間がとてもたくさんありましたが、皆さん

      とても積極的に参加していました。

       

      講師は、NPO法人アサーティブジャパン認定講師の

      谷澤久美子さん。

      fきゃるでは何度か谷澤さんに講座をお願いしていますが、

      私は今回初めて参加させていただきました。

      講座の進め方はもちろん、谷澤さんが話してくださる事例が

      本当に分かりやすく、自分を振り返るいい時間となりました。

       

       

      参加された皆さんの感想には、

      「自分に足りない部分がよく分かり、今後のコミュニケーション

       で実践していきたいと心から思いました」

      「アサーティブ4つの柱は分かっているようで改めて目からうろこ、

       それでいいんだと思うことがあり、今後も自分の指針となりそうです」

      「自分の感情に気づき、言語化することの大切さがわかりました」

      等、本当にたくさんの感想を書いてくださいました。

       

      皆さんの感想を読ませていただきながら、この講座を企画

      できたこと、本当にうれしく思います。

       

      講師の谷澤さん、受講された皆さん ありがとうございました。

       

       

       

       

       

       

      | 女性 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      アサーティブ・コミュニケーション体験講座
      0

         

        こんにちは〜 プリンスです。

        うだるような暑さです。

        室内でも気をつけてくださいね。

         

        さて、fきゃるでは女性のためのキャリアデザイン講座

        アサーティブ・コミュニケーション体験講座

        〜自分を軸にした生き方をスタートしよう!〜

        を開催します。

         

        アサーティブとは 自分も相手も尊重した自己主張・自己表現。

         

        仕事をしながら家事や育児をこなし、忙しい日々の中でついつい

        自分がガマンすれば…と溜め込んで苦しくなったりしていませんか。

        自分ばかりがガマンしていると思っていても、実は相手も苦しい

        思いをしているかもしれません。

        同じ一日を過ごすなら、自分も相手も気持ちよく過ごしていきたい

        ですよね。そのためのコミュニケーションを学ぶ体験講座です。

         

         

        日時:10月5日(土)10:00〜12:00

        場所:富士市フィランセ西館3F 会議室1

        ☆参加費無料

        ☆託児あり(有料・先着10名)

        定員が30名の先着順となっております。

        8/19より受付開始となりますので、お早めにお申し込みください。

         

        〈お申込み・お問合せ〉

        富士市キャリアデザイン支援室 fきゃる

         ☎0545−32−6958

         

        ☆詳しくはこちらをご覧ください

         

         

         

         

         

        | 女性 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        女性の働きやすさ
        0

          こんにちは〜 プリンスです。

          やっと晴れましたね。

          このまま梅雨明けとなってほしいものです。

           

          さて、新聞に地方創生セミナー開催の記事が掲載されていました。

          女性の働きやすさが地方創生のポイントだと。

          東京一極集中が問題になっていますが、女性の流出割合が高いそうです。

          その要因を「若い女性は地元に息苦しさを感じている」を分析。

          女性がキャリアを生かし、活躍できる職場を用意することが流出防止に

          つながると強調した という内容でした。

           

          女性活躍推進と大きく扱われていますが、まだまだ女性がが働くという

          ことに関してはやっぱり大変さも伴うということ感じてしまいますね。

           

          実際私も子育てしながら働いでいますが、たくさんの人の手を借り

          ながら日々を過ごしているので、お願いする場面にたびたび遭遇します。

          その都度、お願い事が子供たちであったり、両親であったり、

          同僚だったり、ご近所だったりと言い出したらきりがありません。

          そんな時、自分に余裕がなかったりするとお願いしながらつい嫌味を

          言ってしまったり、つい感情的になってしまって結局自分がより大変に

          なってしまった…。というような経験はありませんか。

           

          もっと上手に気持ちを伝えることができたら…

          自分の気持ちを抑えることなく、相手も気持ちよく引き受けてくれる

          ようなお願いの仕方ができたら…

           

          そんな問題を解決すべく、

          fきゃるでは10月にセミナーを予定しています。

          ”アサーティブ・コミュニケーション体験講座” です。

          アサーティブとは自分も相手も尊重した自己主張・自己表現の方法です。

           

          また近々しっかりとご案内しますので、楽しみにしていてくださいね〜

           

           

           

           

          | 女性 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          男女共同参画白書
          0

            こんにちは プリンスです。

            少し晴れ間がのぞいていますが、また週末は雨のようです。

            早く傘を手放したいですね。

             

            さて、6月14日に内閣府より

            令和元年版男女共同参画白書が公表されました。

            今年の特集は、多様な選択を可能にする学びの充実ということで

            女性が自信と働きがいをもって仕事をする、また男女ともに

            社会の様々な場面で活躍していくための「学び」の重要性が

            書かれています。

             

            近年、女性の就業率は伸びていますが、女性は出産や子育てなどで

            一時的に職場を離れることが多く、学び直しも重要になってきています。

             

            一言で学び直しといっても実際には簡単ではありません。

             

            「何のために」「どのタイミングで」「どのような方法で」etc

            これらを自分の生活と照らし合わせて考えていく必要があります。

             

            その方向性を決めていくためにも、自分が何を求め、仕事と向き合い、

            どういう生活を送るのかというキャリアデザイン力が必要なのです。

             

            fきゃるではこのようなキャリア相談も受け付けています。

            最近では特に女性のキャリア相談が増えています。

            女性スタッフが対応しますので、気軽にお問合せください。

             

             富士市キャリアデザイン支援室fきゃる

             ☎0545-32-6958

               月〜金8:30〜17:00

             

            興味のある方は、こちらも読んでみて下さい。

             令和元年版男女共同参画白書

             

             

             

             

            | 女性 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            主婦業はノンキャリア!?
            0

              こんにちは〜

               プリンスです。

              日差しが強くなりましたね〜

              皆さんも紫外線対策を忘れずにお過ごしください。

               

              先日、主婦業に専念してきた女性が再就職を考えた時に

              よく聞く悩みについて会議で話題になりました。

               

              「主婦業に専念してきたからキャリアといえるものは何もない」

              「できる事があるのか・・・自信がない」

              実際に私の周りでもよく聞きます。

              本当に家事や育児はキャリアとは無縁なのでしょうか。

               

              少し前までは、キャリア=仕事経験・実績 として使われていました。

              バリバリ仕事をこなす女性をキャリアウーマンといったように。

              しかし、今はもう少し広い定義でキャリアという言葉が使われています。

               

              主婦業は基本ひとりでやるものなので、評価されにくいものですが、

              見返してみると家事は複数の仕事を同時でこなすマルチタスクです。

              育児も毎日予測ができない事と向き合いながら日々をこなしています。

              非常に複雑だし、工夫や問題解決も必要になってきます。

               

              ”実績”にはなりませんが、”スキル”という観点から見てみると、

              家事や育児で磨かれたスキルが実は仕事にもすごく応用が効くものだと

              思いませんか。

               

              私にも育児のために仕事を離れた、いわゆる”ブランク”といわれる期間が

              ありました。復帰に不安もありましたが、実際に仕事をはじめてからは、

              以前よりも効率的に仕事をこなせるようになったと感じています。

              それは間違いなく家事や育児によって磨かれたものだと思います。

               

              そういう目線で見てみると、主婦というキャリアをもっと前向きに

              捉えてもいいのではないかと思います。

               

              自信を持って社会復帰する女性がどんどん増えたらステキですね。

               

              | 女性 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              自分と向きあう時間を作ってみませんか
              0

                 

                こんにちは〜

                 プリンスです(^-^)

                 

                4月も半ばを過ぎました。

                3月4月は卒業から入学と新しいスタートの季節でもあり、

                子育て中の女性のみなさんも忙しく過ごされたのではないでしょうか。

                育児中は日々に追われ、自分の事をゆっくりと考える時間もなく、

                あっという間に一日が過ぎていきますよね。

                私も今思うとどうやって生活していたんだろう…と思うほど

                忙しかった時期がありますが、子供が小学校へそして中学校へと

                進んでいくうちに少しづつ自分の事を考えるようになりました。

                ですが、いざひとりで考えてみると・・・

                考えれば考えるほど分からなくなるという状態でした(~_~;)

                 

                「どのタイミングで社会復帰しよう」

                「ブランクがあるから心配」

                「今の自分には何ができるだろう」

                「仕事も子育てもどちらも大切にしたいけれど…」

                 

                このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

                少し時間をとって話してみませんか。

                fきゃるでは専門の女性相談員がていねいにお話を伺います。

                ひとりで考えるよりも、対話をすることで見えてくるものがあります。

                ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

                 

                ★ご予約・お問い合わせ★

                 0545-32-6958 まで

                 

                〜fきゃるは自分らしく働きたい女性を応援します〜

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 女性 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                | 1/1PAGES |