CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< はじめまして。 | main | 突然ですが・・しげさん改めクルーニーです! >>
はじめまして癸
0
      
     はじめまして、新人2人目の かずら です

     新人と言っても年齢は新人さんの何倍も上をいっているので
     仕事がなかなか覚えられず ショック〜
     でも 気持ちだけはフレッシュにいきたいと思っていますので
     よろしくお願いします。

      
     さてさて、遅くなりましたが仕事人図鑑のご報告です

     先週の仕事人図鑑は

     製茶販売 勝亦園の 勝亦 英介 さん

     
               静かな中に強い想いを感じさせる勝亦さん



      勝亦さんは、大渕出身。家は製茶業
      小さい頃は両親の仕事場の茶畑が遊び場だったそうです。
      お父さんからは家を継ぐように言われていませんでしたが、
      お父さんの仕事をしている姿が魅力的だったこともあり、
      大学は農獣医学部で産業政策を学びます。 

      中学、高校、大学と柔道一筋 

      大学卒業後は、柔道教師として青年海外協力隊に入りたかったそうですが
      叔父さんに「お茶の世界に入るなら早いほうがいいよ」と言われ、
      家業を継ぐことを決断。

      見習いとして「小林園」で1年を過ごしたそうです。
      見習い時代は、「何でこんなに怒られなきゃならないの」と帰りたくて
      帰りたくて仕方なかったとか。
      でも今になるとその経験が有難いと思えるそうです

      

      ところで、製茶販売ってどんなことしてるの?

      茶畑を持ち、お茶の製造から販売まで一貫して行っているそうです。
      4月の終わり頃からお茶の刈り取りが始まると、忙しくて夜も眠れないとか
      冬の時期は茶畑が休眠状態になるので、その時期に販売に専念するそうです。
      お客さまにお茶をもっとよく知っていただくために、様々な企画を
      立てているそうです。
      昨年は子ども達に茶摘体験をしてもらい、紅茶を作り母の日のプレゼントに
      したそうですよ



      勝亦さんの想い

      一番感じてるのが、僕のお茶を飲んで幸せになってほしいということ。  
      僕がお茶を作ることによって社会貢献できたらいいなと。
      心が疲れた時、僕のお茶を飲んで心が休まってくれたらそれが一番幸せ。
      それをなるべく多くの人に広めて、僕のファンになってほしいと思い、
      努力している。


      若者へ一言
        
     お茶を職業として選んだことに若い頃後悔したことがある。
     自分が「ホントにこれで良かったのかな」と考えたこともある。
     いまだにそういうこともあるかもしれない。
     ただ自分がやっていくことによって、「僕のお茶が好きだよ」と
     言ってくれる人が出てきたり、友達や仲間や家族も出来てきて、
     ホントにお茶をやっていて良かったなといつかホントの意味で
     思えるようにならないといけないと思っている。
     仕事っていうと身構えてしまうかもしれないが、
     簡単なもので一歩踏み出してみると割りと楽しかったり遣り甲斐が
     あったり自分なりに見つけられるものってすごくある。
     それを見つけられるように、自然体でいけば必ず見つかるので、
     簡単に踏み出してほしいと思う。
     駄目だったら引き返せばいいと思うので、自分の信じたこと、
     やりたいことをやってみるのがいいと思います。


     
     仕事選びについて、「身構えないでやってみようよ!」と
     話してくださった言葉がとても印象的で、何だか肩の力が
     抜けた気がした、かずらでした


     ふ〜、長くなってしまいました


     長くなったついでに、明日のお知らせです

     明日(4/11)の仕事人図鑑は

     「考古学学芸員」

     埋蔵文化財調査室  佐藤祐樹 さん です。

     どんなお話が聞けるのか楽しみ

     18:30〜なので、是非立ち寄ってみてくださいね
     
     
      

    | fきゃるの仲間たち | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.f-kyaru.com/trackback/147
    トラックバック