CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 富士ニュース12/6号 掲載していただきました♪ | main | 非正社員から正社員への転職 >>
【キャリア教育】「2030SDGs」4年生の感想
0

     

    こんにちは。スタッフのキャピコです。

    今年度、富士市の3校でSDGsを知るためのゲーム「2030SDGs」が

    開催されました。

    ゲームに参加した岩松小学校4年生の子ども達のワークシートが

    届きましたのでご紹介します。

     

     

    2030年に世界はどのようになっていたら良いと思う?

     

    ・世界の人みんなが学校に行けるといいなと思う。

     差別がないといい。

     家がなくなったりする人がいるから、

     戦争やテロがなくなってほしい。

     

    ・ちきゅうが安全になっていてほしい。

     

    ・ぜんぶのくにがきょうりょくする。

     そうすればなんでもできるとおもうしせんそうがなくなる。

     

    ・海がゆたかになって魚がしなないようにしたい。

     

     

    △修亮存修里燭瓩砲呂匹Δ靴燭蕕茲い隼廚Α

     

    ・男子と女子が仲良くする。

     

    ・にんしょうマークがある物を買う。

     

    ・ほかのくにをばかにしない。

     

    ・ぼくは海のゴミひろいをする。自分からもゴミひろいの

     よびかけをする。

     

     

     

    さらに、17の目標はそれぞれつながっていることを

    理解し自分の言葉にできた子どもたちもいました。

     

    ●「4:質の高い教育をみんなに」をすれば、

    だれがどうすればいいかわかり、しっかりする人がふえて、

    「5:ジェンダー平等をなくそう」

    「10:人や国の不平等をなくそう」がなくなり、

    ほかのものにもつながる。

     

    ●「10:人や国の不平等をなくす」ことによって、

    国と国のけんかや人と人の関係がよくなり、

    17の目標を目指せる。

    自分がしようと思った行動は、だれにも不べんを

    あたえないのか考え、行動し、人間かんけいをよりよくする。

     

     

    子どもの言葉から大人の私が教えてもらうことばかりです。

    SDGsはキャリア教育に欠かせないキーワードだと実感しました。

    SDGsを知っているかどうかで、買う物、使う言葉、人との接し方が

    変わります。そして、選ぶ仕事も変わるでしょう。

    その視点を持って職業や企業を選ぶ時代がきていると思いました。

    これからも富士市の子ども達に広がっていったらと思います。

     

     

    機会をくださった岩松小学校4年生の先生方、

    ファシリテーターの日江井香弥子さん、サポートの島田さん

    主催をかってでてくださった市企画課さん

    ありがとうございました。

     

     

     

    | キャリア教育支援 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック