CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< お知らせ☆ | main | きゃるばあ効果!? >>
仕事人図鑑★鍼灸師(12/6)
0
      ごきげんよう、きゃるばあでござる

    昨晩のUstの配信、観たみた?
    いざやってみると準備がいろいろとあって
    製造業にいたころの
    「段取り7割(8割)」を実感したぞ
    といっても準備の手伝い程度だがの!(威張って言ってみる)

    ではいつもの(2回目)レポートじゃ〜

    genbok2


    12月6日(火)18:30〜19:30
    はるかぜ鍼灸接骨院
    鍼灸師 矢守玄牧さん

    始まる45分も前にいらした玄牧さん
    準備もままらない状況で逆に恐縮しておいでで
    それだけでも誠実な人柄が垣間見られるというもの

    お坊さん

    富士川上流は山梨県のお寺の息子として育ったが
    過疎化が進む地域では住職一本では厳しく
    お坊さんの大学を出て寺に入ったものの
    20代は様々な仕事をしてきた
    自分が役に立っている実感が全くなくて
    「挫折感でいっぱいだった」と言う玄牧さん

    鍼灸との出会いは
    病気の父親に何気なくしたマッサージ
    「気持ち良いよ、ありがとう」の一言が心を揺さぶる
    その時の話をされる様子からも
    当時の感動がどれだけ大きなものだったかが
    聞いてるこちらにも強く伝わってくる

    しかしその時玄牧青年すでに28歳
    「今さら」という思いもあったが
    あの時の気持ちの方が勝り
    横浜の専門学校へ3年間通い国家資格を取得

    お寺の敷地で開業するもやはり生活が成立たずに
    富士市で「矢守治療院」を開業したことが今の基礎となる

    genbok3

    仕事は社会との接着剤

    20代の紆余曲折を経て鍼灸院を開業し
    軌道に乗った所でこんな話になった
    「仕事は自分と社会とをくっつけてくれる接着剤
    仕事をする事で社会の一員としての役割を実感した」


    うまいっ
    仕事ってなあに?
    と質問された時には使わせて頂くぞい

    僧侶と鍼灸マッサージ師

    僧侶と鍼灸師は
    東洋思想に端を発するということで
    実はつながっているとのこと

    仕事の話をしていても使う言葉がどちらかというと僧侶ちっく
    やはり小さい頃から僧侶になるべく育ってきたので
    発想自体がお坊さんなんじゃな〜

    「力」の使い方に物申す!

    最近「○○力(りょく)」と下に「力」を付ける言い方には
    少し注意が必要なのではないかと力説
    力(ちから)をつける、強くなるというのは
    他人よりも上を行く、押しのける
    ともすれば「俺が俺が」に陥りやすいのではないかという
    その代わりに
    と玄牧さんから出てきた言葉は「仁徳」であった

    後で辞書で調べると「仁徳」とは
    『他を慈しみ愛する徳(品性)』と出てきた
    聖徳太子の「和を以て貴しとなす」と言われた
    日本人が昔から大切にしてきた事
    これは後で出てくる言葉にも通じる

    肩書き

    「たくさんあるんですよ〜」と名刺を4枚いただいた
    順不同で紹介すると、

    [弸兔〔心寺派 萬澤山廣福寺 住職
    ⇒限会社母心庵 代表取締役
    「ハートフル訪問マッサージ」
     最近始めたばかりのデイサービス
    ぁ屬匹鵑泙ぅ轡襯弌璽肇譟璽縫鵐亜
    訪問マッサージもデイサービスも
    「こんなことをしたい」という強い思いから生まれてきたそうな

    自利利他
    これからどうしたいのかの質問への回答がこの言葉で
    「やりたいと思ったことはすでに行動しているから」とも言っており
    そうすると、これからも名刺の種類は増えていくって事であろうな〜

    自利利他をgoo辞書からそのまま引用する
    仏語。自らの悟りのために修行し努力することと、
    他の人の救済のために尽くすこと。
    この二つを共に完全に行うことを大乗の理想とする。
    自益益他。自行化他。自他」

    自分を活かすことと他を慈しむことが相対しない
    他人を押しのけなくとも自分を高めることは可能である
    鍼灸師としても修行のような日々を送っておいでで
    話を聞けば聞くほど、鍼灸師なのか僧侶なのか…
    いんやいんや、鍼灸師で僧侶なのであるぞ

    genbok1
    実はきゃるばあ
    写真撮影の腕前が泣けるほどウマイ(下手糞の意)
    …あ、そう、見ればわかるって?!

    あと「自利利他」は、ウィキペディアに載ってなかった
    ウィキにもない言葉があったとは!?
    仕事図鑑で出会うのは仕事人だけではないぞ
    ためになるな〜、fきゃる仕事人図鑑(CM)



    次回の仕事人図鑑は
    12月13日(火)18:30〜19:30
    「水道工事設備業」
    鈴木設備 鈴木 正洋さん です

    Ustもいいが、現場もよいぞ
    観覧希望者!予約不要
    気軽に参られよ〜
    待っておるぞ 
    | fきゃる仕事人図鑑レポート | 15:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    最高のお話を聞けて本当に良かったです。

    自分も人生において影響を受けた人物です。

    またお会いできるのを楽しみにしています。

    ありがとうございます。
    | 幸一郎 | 2012/02/26 12:21 AM |
    コメントありがとうございます。

    仕事人図鑑では様々な職業の方がお話をしてくださり
    私も毎回刺激(?)を受けています。

    今後も様々なゲストをお迎えする予定ですので、
    ぜひご覧ください。
    | えりちん | 2012/02/28 12:33 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.f-kyaru.com/trackback/91
    トラックバック