CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
4/12は合同企業ガイダンス!
0

     

    こんにちは

    あやっぺです

     

    春一番が吹き荒れましたね〜

    そして今はとってもいいお天気になりました。

    もうすぐ春がきそうな予感です♪

     

    さて、

    4月には学生さん対象の「合同企業ガイダンスが」開催されます!

    画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト

     

    富士市や富士宮市で就職を考えている学生さん

    ぜひ参加してください。

     

    こちらのサイトから

    詳細と参加企業一覧を見ることができますよ(^^)/

    https://fuji-cci.jp/guidance

     

     

    fきゃるでは

    エントリーシートなどの応募書類の対策、面接対策などを行っています。

    合同企業ガイダンス参加前でも、参加後でも

    ぜひfきゃるをご利用ください(*^-^*)

     

     

    | 過去の投稿 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    認知能力と非認知能力
    0

       

      こんにちは。スタッフのキャピコです。

      昨日はスタッフ会議で、先日参加したセミナーのシェアをしました。

       

      「社会に出て活躍する人は何が違うのか」

       

      認知能力と非認知能力について皆で話し合いました。

      どちらも大切ですがこれからAI技術などの発展で

      社会が変わっていく中、一層重要になるのが非認知能力

      と言われているそうです。

       

      思いやり、コミュニケーション、人を信頼する、自制心など

      非認知能力は数値化が難しいけれど、人と良い関係を築いている人を

      思い浮かべると、やはり活躍していることがわかります。

       

      非認知能力が高い人は、幸福度が高いという研究結果がでているそうです。

      子どもの頃からどのように養っていけるか今後も探求しながら

      キャリア教育のコーディネートをしていきたいと思います。

       

       

       

       

      | キャリア教育支援 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      【キャリア教育】30年度は32校をコーディネート
      0

         

        こんにちは。スタッフのキャピコです。

        今日は暖かいですね。

        私も春に向けて気持ちがうきうきしています。

         

        さて、平成30年度のキャリア教育コーディネートは

        32校から依頼を受け職業講話だけで200名の方々に

        ご協力いただきました。

         

        熱意ある先生方との出会いもたくさんありました。

         

        職業講話を3回開催する学校も2校ありました。

             吉永第一小学校

            「弁護士」小長谷・石野法律事務所 藤田峻弘さん

         

         

        「他校を先導するようなキャリア教育をしたい」という校長先生とも

        出会うことができました。

         

        道徳や家庭科など、教科のお手伝いもできました。

         

        また、新たに富士商工会議所さんとのつながりで

        自動運転やAIなど、未来をテーマにした科学講座も

        開催することができました。

         

        現在、先生向けの情報紙を編集中です。

        ページを増やして事例をたくさんご紹介する予定です。

         

           富士市立高校

           「幼稚園教諭」いまいづみ幼稚園 赤井靖代さん

         

         

        富士市のキャリア教育は、ますますおもしろくなりそうです。

        これからも働くプロの皆さまと育てていきたいです。

         

         

         

         

         

         

         

        | キャリア教育支援 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「未来を創る特別科学講座」
        0

           

          こんにちは。

          2月18日(月)、静岡県立吉原工業高校2年生を対象に

          「未来を創る特別科学講座」が開催されました。

           

          今年度生まれた新しい企画です。

          富士商工会議所さん主催、fきゃるコーディネートによる、

          高校生に向けた理系人材育成のための講座です。

          富士市の企業人をお招きし、その道の最先端を知る特別な授業です。

           

           

          一人目の講師は、ポリプラスチック株式会社テクニカルソリューションセンター

          市場開発チームの増田さん

           

          「自動運転の仕組み」をテーマに話をしてくださいました。

           

          自動運転がこれからどのように進んでいくのか、それに伴って

          市場がどのように変化していくのか等、なかなか聞くことのできない

          貴重なお話でした。

           

          いくつか実際のパーツも見せてもらい、生徒さんたちも熱心に

          メモを取っていました。

           

          増田さんはこれまでの体験をふまえ、

          自分が学生時代学んできたことが必ずしも通用するとは限らない。

          一から勉強し直さなければならないことも出てくる。

          大変だけれど、その分それが形になった時の喜びはかけがえのないもの“

          とおっしゃっていました。

           

          二人目の講師は、旭化成株式会社デジタルイノベーションセンター

          デジタルプラットフォーム技術部部長の中山雅彦さん

           

           

          「人工知能の活用」をテーマに話をしてくださいました。

          高校生にとってとても身近なゲームにたとえたり、映画を絡めたりと

          難しい話をそう感じさせない内容で、学生ではない私も聞き入ってしまいました。

           

          中山さんは

          “旭化成は主に「素材」を扱う会社。「素材」はなかなか

          完成品として表に出ることがないが、素晴らしいものがたくさんある。

          素晴らしい「素材」を生み出している会社はたくさんあるので、

          これから就職していく上で知られていなくても自信と誇りを持って

          仕事に就いてほしい”

          とおっしゃっていました。

           

           

          講師の皆さま、貴重なお時間をありがとうございました。

           

          この出会いが生徒のみなさんのこれからに繋がることを楽しみにしています。

           

           

           

          | 過去の投稿 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ミッキーのつぶやき vol.70
          0

            皆さん、こんにちは。

            キャリアコンサルタントのミッキーです。

            ミッキーのつぶやきも今回で70回を迎えました。

            4年間、読んで下さり、ありがとうございました。

            ちょうど、70回ということで今回で終了とさせていただきます。

             

            ちょうど、fきゃるでも4年前から女性就職支援が増え、fきゃるのメニューの中にも、3年前から女性就職支援も強化いたしました。

            その中、今年、国では保育無償化が実施されることから、さらに共働き世帯増加が見込まれるのではないかと推測されています。しかし、実は、厚生労働省の調査結果によると、平成10年から共働き世帯が専業主婦世帯より増加し、平成26年には、共働き世帯(1114万人世帯)、専業主婦世帯(687万世帯)といった報告がされています。この流れでいきますと、今現在は、専業主婦世帯に対し、共働き世帯は約2倍になっていることが推測されます。簡単に申しますと、3人に2人は働いていらっしゃるということになります。保育無償化になる前から、労働に関しては社会は大きく変わってきていたということが読み取れます。そして、保育無償化に伴い、さらに共働き世帯増加が加速していくのではないかと私も感じています。

             

            では、どうして、こんなに増えたのでしょう?

            ・女性が働きやすくなったから

            ・男女雇用均等法などが整備されたから

            ・男女共同参画が進んだから  等社会的な面から見るとこのような背景もあるのではないでしょうか。

             

            しかしながら、実際はどうなのでしょう?

            国の所得調査からすると、景気が落ち込み、世帯収入が減収状態になり、妻が働きに出るようになったということも挙げられています。

             

            『なぜ働くのか?』については、

            収入を増やしたいということが第1番に挙げられています。その中でも、将来のための貯蓄が大きいようです。

             

            そこで、これから予測される子育ての世帯の子育て費用について調べてみました。

             

            出産から22年間(大学現役入学→卒業)の場合・・・1,640万円の養育費が掛るそうです。

            そして、大学教育費用は、公立で1,000万円、私立で2,300万円と推測されています。

            これらを合計すると、子どもを1人育て上げるのに、養育費+大学教育費=2,640万円〜3,940万円 が必要となってきます。

            この金額を貯蓄するためには、やはり共働きが必須になってきてしまいます。

            それが、現在、妻が3人に2人は働いている理由ではないかと私は感じています。

             

            しかし、人が働く上で、労働力に対する対価である報酬だけでは、人は満たされないのではないかとも感じています。

            『あなたの働く目的は何ですか?』と質問すると殆どの方が『お金のためです。』と言われると思います。

            しかし、その次に求められているものの中に、『やりがい』『達成感』と仰られる方もたくさんいらっしゃいます。

             

            自分が働く中で、お金だけでなく、『やりがい』『達成感』を感じながら働ける環境が作れたら、『お金のために働く』だけの働き方でなく、もっと『自分らしい働き方』に近づけることができるのではないかと、私は思っています。

            そして、その延長線上で、皆さんが、心から『自分らしさ』を表現できる生き方ができることを切に願っています。

             

            fきゃるでは、『ひとり、ひとり』を大切にし、自分らしい生き方・働き方に寄り添った相談をしています。

            是非、おひとりで抱え込まないで、お気軽にご相談にいらしていただけたら、と願っております。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 過去の投稿 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            就活シーズン到来です!
            0

               

              こんにちは

              あやっぺです!

               

              2月も中旬ですが、寒いですね〜

              最後の寒さでしょうか

              外では雪が舞いそうです…

               

              さて、3月に入ると

              学生さんたちは 就活シーズン に入ります。

              説明会や会社見学などの予定が

              バンバン組まれていくのではないでしょうか。

               

              いざ始まってしまうと、立ち止まってゆっくり考えたり

              準備する時間が少なくなってしまいます。

              今のうちに、自己分析や今後の就職活動に向けて

              準備を始めましょう。

               

              そんな学生さん向けて fきゃるでは

              自己分析や就職活動の進め方、

              エントリーシートの書き方などの対策を行っています。

               

              マンツーマンでサポートしますので

              ぜひ活用してください

              お気軽にお電話くださいね〜

               

               

              | 過去の投稿 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ミッキーのつぶやきvol.69
              0

                皆さん、こんにちは。

                今日は、ぐんと冷えましたね。

                この激しい寒暖の差、ご自身でしっかり自己管理しながら、皆さんお過ごしくださいね。

                 

                『辞職の8割が人間関係』とも言われている現代。

                上司と合わない『認められない』

                同僚と合わない『職場に馴染めない』

                職場に不満がある『分かってくれる人がいない』・・・等。

                 

                お仕事される場合、お仕事そのものの作業だけでなく、そこに関わっている人との関係性が、ご自身のモチベーションだったり、気持ちを大きく左右させます。

                 

                上司が自分を応援してくれたり、理解してくれる人だったら。

                同僚たちと価値観が一緒だったら。

                職場は風通しがよく、何でもみんなで話し合える場であったら。

                 

                こんな職場であったら、『よし!自分も頑張ろう!』そんな気持ちになるのではないでしょうか?

                 

                例えば、

                『ありがとう』『助かりました』『〇〇さんに、手伝ってほしい』こんな何気ない言葉ですが、これが自然と会話の中にあるそのような職場であれば、『人間関係』を問題視されることも少なくなるのではないでしょうか?

                 

                企業の経営資源で一番重要なのは、人です。

                企業さまにも、上司・同僚の皆さんにも、そして自分自身にも、『人の心』といった視点も持ち、携わっていただけたら、きっと、職場の風通しも良くなり、皆さんが自己肯定感を持ちながら働け、最終的には、企業の生産性に結び付くと私は思っています。

                 

                みんなが思いやれる社会。

                これが実現できると良いですね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 過去の投稿 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                富士ニュース2/1号にfきゃるイベント掲載していただきました!
                0

                  こんにちは。

                  キャリアコンサルタントのミッキーです!

                   

                  年が明けたらと思いきや、既に2月に突入!

                  一か月早いですね。

                  昨日は節分ということで、本日は立春ですね。

                  fきゃるでは、皆さまに、ご活躍できるステージの春が届くことを願い、就職活動を応援させていただいておりますが、この2月は、その就職活動の第一歩となる『応募書類の書き方相談』を強化実施中です。

                   

                  そして、このイベント内容を、先日2月1日号富士ニュースに大きく掲載していただきました!

                   

                  新聞をご覧になってくださり、早速ご相談予約も入っています♪

                  まだ、ご予約されていらっしゃらない方も、『これで大丈夫かな?』と不安に思われましたら、是非、お気軽にfきゃるにお問合せください。

                  fきゃるでは、専門の相談員がマンツーマンでご相談に応じていますので、安心して相談を受けることができます。

                  皆さん、安心して、就活の一歩を踏み出せるようにしましょう\(^o^)/

                   

                  お問合せ先

                  若者のためのキャリアデザイン支援室fきゃる

                  ☎0545−32−6958

                   

                   

                  | 過去の投稿 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  富士市立高校『社会人講話』を聴講させていただきました!
                  0

                    みなさん、こんにちは。

                    キャリアコンサルタントのミッキーです!

                    寒さ・乾燥が増し、インフルエンザや胃腸炎が蔓延しているようですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

                     

                    先日、私は、富士市立高校『社会人講話』を聴講させていただきました。

                    今回の講師は、オリィ研究所 代表取締役CEO 吉藤健太朗さん。

                     

                    自身の小・中学校時代の不登校(病気・鬱)から体験した『孤独』。

                    ここから、対孤独用分身コミュニケーションロボット『OriHime』を開発。

                    現在、コミュニケーションテクノロジーで人類の孤独を解消するために、オリィ研究所を設立され、代表取締役を務められておられます。

                     

                    講話では

                    人生に正解はない

                    『常に考えるクセ』をつける

                    いいと思ったことはやり続ける

                    マイノリティ

                    好奇心

                    大事なことは、テクノロジーではなく、自分が本当に夢中になれる事は何か?

                     

                    など、たくさんの素敵なメッセージを贈られていました。

                     

                    しかし、ここまで来るには、もう1つ、とても重要なものがありました。

                    それは、『人との出逢い』でした。

                    吉藤さんのターニングポイントには、必ず人の存在がありました。

                    出逢いって人の人生を変えるものなんですね。

                     

                    孤独の中にいた吉藤さんが、社会に出て経験していく中で強く感じたことは、

                    『後押しをしてくれるのは、やっぱり人だった。』とのこと。

                     

                    これからの未来を描く学生さんたちに、改めて『出逢いの大切さ』と『心の中にある一番大事なもの』への気づきを与えてくれた時間になったのではないでしょうか?

                     

                    吉藤さんの思いを形にしたオリィ研究所のHPは、こちらから入れます。

                    http://orylab.com/

                    是非、皆さんも覗いてみてください。

                     

                     

                     

                    | 過去の投稿 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    【キャリア教育】キャリア教育を道徳・理科・家庭科で
                    0

                       

                      おはようございます。スタッフのキャピコです。

                      今年も30校を超える学校から依頼をいただき、

                      キャリア教育のコーディネートに取り組んでいます。

                       

                      一番多いのは職業講話です。

                      そして今年は、当初より実現をめざしていた

                      「教科の中にもプロの方をお招きする」ことについて、

                      学校から依頼をいただき始めました。

                       

                      高校の家庭科の授業に6次産業、ジビエ、麹の醸造に

                      携わる方々をお招きしたり

                      小学校では命をテーマにした道徳の授業に介護職の方と

                      保健所の方をお招きしたりしました。

                      プロフェッショナルの方から現実のお話を聴くことは

                      学校での学習と社会がつながることになるのだと

                      実感しました。

                      昨日は、理科の授業の打ち合わせに行ってきました。

                      実現が楽しみです。

                       

                      以前キャリア教育の勉強会で、

                      キャリア教育とは「学校で学んでおかないと社会にでてから

                      困ること全て」とききました。

                      部活動、友人関係、勉強、生徒会などの活動。。。すべて

                      社会に出てから役立ちます。

                      そして、私たちがお手伝いしている学校と社会をつなげる

                      活動も年々充実していることがうれしいです。これは協力

                      してくださる職業人の方々のご協力があって実現できているので

                      感謝の毎日です。

                       

                       

                      授業の様子はこちらでレポートしています。

                      「fきゃるアルバム」

                       

                       

                       

                      | キャリア教育支援 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      << | 2/74PAGES | >>